「中国茶へのご案内」そして台湾式工夫茶で淹れる中国茶、

写真上「凍頂烏龍茶(右)と梨山烏龍茶(左)」共に著名な高山茶

まずは「青茶」の分類からお試しください。茶文化の独自性を表す「聞香杯」での
香りをまず楽しみ、そして口いっぱいにその味と香りを感じてみてください。

「お茶は飲むものではなく、味わうもの」という言葉を聞いた事があります。
その言葉も頷けるのではないでしょうか?

聞香杯の使い方
1、右側の背の高い器が聞香杯です。左側が茶杯です。 
        
2、聞香杯にお茶を 注ぎます

3、茶杯を聞香杯の上に重ね持ちます。

4、。熱いお茶がこぼれないように180度回転させます。

5、聞香杯の中のお茶を全て茶杯に移します。

 
6、聞香杯に残る素晴らしい香りを十分に楽しみます。
                   これが台湾式工夫茶の醍醐味です